YKK株式会社

ファスナーのなるほど

Vol.1 「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

皆さんは、ファスナーのことを普段、何と呼んでいますか?多くの方には、一般名詞である「ファスナー」。その他には、「チャック」とか、ジーンズについたものは、「ジッパー」と呼ばれたりしています。
1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源とされています。
1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名も浸透しました。
日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。つまり、この3つは同じものなのです。
なお、中国語圏では「ラーリェン」。フランス語では「フェルメチュール・ア・グリシェール」と呼ばれます。また、中米諸国では「稲妻」を表す「シェレス・レランパゴス」と呼ばれています。ファスナーが世界中で愛用され、その土地独特の名前がつけられていることが分かりますね。

ファスナーの呼び名の違い
ジャドソン氏が開発した現在の
ファスナーの原型「The Original」

Vol.2 様々なYKKのファスナー

ページの先頭へ