ニュースリリース

2021年2月17日 
「This is YKK 2020」が第24回 環境コミュニケーション大賞 環境報告部門 優良賞 受賞
~2年連続の受賞~

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷 裕明)が発行するYKKグループの経営・事業および社会への活動をまとめた報告書「This is YKK 2020」が、第24回環境コミュニケーション大賞(主催:環境省、一般財団法人 地球・人間環境フォーラム)の環境報告部門において「優良賞」を受賞し、2月17日に授賞式が執り行われましたことをお知らせいたします。

 環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書などを表彰することで事業者の環境経営及び環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的としており、「環境報告部門」と「環境経営レポート部門」の2部門があります。YKKの同賞受賞は、昨年に続き2回目となります。

■講評(抜粋)
 「環境ビジョン2050」を策定し、環境経営、森林経営に努めている。サステナビリティ製品の開発を進め、特に海洋プラスチックごみを活用した製品開発は世界的課題の解決への貢献が期待できる。グローバルのCO2排出量情報開示をはじめとして、全体的にデータが充実し、また写真を活用するなど読みやすく工夫されている。

ダウンロード

【 This is YKK 2020 】
YKKグループの経営理念、中期経営計画や財務情報ハイライト、そして事業活動を通じた社会・環境課題解決への取り組みなどを掲載しています。
「This is YKK 2020」は、webサイトからご覧いただけます。
https://www.ykk.co.jp/japanese/corporate/csr/eco/report/index.html

ダウンロード

※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます。

■「YKKグループ環境ビジョン2050」
 YKKグループは、「他人の利益を図らずして自らの繁栄はない」というYKK精神 「善の巡環」のもと、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでいます。地球規模で環境分野への貢献が求められる中、持続可能な社会に貢献するための長期的な方向性を示す「YKKグループ環境ビジョン2050」を2019年4月に策定しました。
 さらに2020年10月には、2050年までに「気候中立」を達成するためのファスニング事業における持続可能性目標「YKKサステナビリティビジョン2050」を発表。気候・資源・水・化学物質・人権の5つのテーマと、関連する10項目のSDGsの達成にむけて取り組んでいます。
https://www.ykk.co.jp/japanese/corporate/g_news/2020/20201013.html

■ファスニング事業におけるサステナビリティに配慮した商品開発
 海洋プラスチックごみを主材料としたファスナー「NATULON® Ocean Sourced™」の開発は以下URLを参照ください。
https://www.ykk.co.jp/japanese/corporate/g_news/2020/20200116.html

ページの先頭へ