YKK株式会社

ニュースリリース

2020年6月9日 一般財団法人 エン人材教育財団「CareerSelectAbility®賞」受賞
~事業の社会性・収益性を兼ね備えた「人が育つ企業」として表彰~

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷裕明、以下YKK)は、当社ファスニング事業本部において2020年2月27日に一般財団法人エン人材教育財団が主催する「CareerSelectAbility®(※1)賞」(以下、本表彰)を受賞したことをお知らせします。
 本表彰は、本業での社会貢献と高い収益を背景に、これからの社会に必要となるビジネスパーソンを育てる力を持っている企業に光を当てる表彰として2020年に創設され、YKKを含む4社が表彰されました。
 YKKは今後も、YKK精神である「善の巡環~他人の利益を図らずして自らの繁栄はない~」(※3)に基づき、世界72ヵ国/地域における事業活動を通じて、社会的課題の解決に取り組んでまいります。

<審査委員会による総評> ※審査委員会による総評をそのまま掲載

【本業主観正義性】
●理念に基づいた主観正義性を、ひた向きに実現しようとしている

└「善の巡環」という理念のもと、スタンダード市場にいる人々に対して、「より良いものを、より安く、より速く」提供することで、一人でも多くの人のライフスタイルを豊かにしようとする強い想いが感じられた。また、その想いを実現するために経営計画に落とし込み、様々な投資をしていることから、主観正義性(※2)の実現に向けて本気で取り組んでいる。

【人財輩出性】
●若手社員にストレッチした仕事を与え、意図的に育てている

└独自の考え方のもとに、社員が自律的に成長できるよう、様々な施策を整えている。社員のインタビューから、自分なりの課題を設定し、それを克服できるよう自主的に学習している風土がうかがえ、大変素晴らしかった。中でも、若手のときから海外に送り出し、実力以上の業務にチャレンジできる点は、他のメーカー企業ではなかなか見受けられない。

<「CareerSelectAbility®賞」審査員>
名和 高司 氏 (一橋大学ビジネススクール国際企業戦略専攻 客員教授)
渋澤 健 氏 (コモンズ投信株式会社 取締役会長)
藤沢 久美 氏 (シンクタンク・ソフィアバンク代表)
越智 通勝 氏 (一般財団法人 エン人材教育財団 理事長)

<YKKのコアバリュー>
YKKグループには、YKK精神や経営理念とともに、全社員が大切にし、実践する価値観であり、YKKの価値を生み出す力として3つのコアバリュー(※3)があります。その一つである「失敗しても成功せよ/信じて任せる」においては、高い目標に挑戦し、失敗しても諦めず、その経験を活かして成功するまで粘り強くやり遂げようと伝え、また、上司は挑戦の機会を与えて、かげながら支援し、まずは信じて任せることを大切にしています。

(※1)CareerSelectAbilityキャリアセレクタビリティ®(キャリア自己選択力®)とは「Career」「Select」「Ability」を掛け合わせた造語で、「どんな環境に置かれても活躍できる力」を示している。

(※2)本業主観正義性:未だ社会的に問題となっていない事象を主観的に問題と捉え、それを本業で解決しようとしていること。

(※3)「YKK精神」と「経営理念」
URL:https://www.ykk.co.jp/japanese/corporate/csr/philosophy.html

以上

ページの先頭へ