YKK株式会社

ニュースリリース

2019年10月2日 YKKのファスナー「GreenRise™」が「2019年度 グッドデザイン・ベスト100」を受賞

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷裕明、以下YKK)は、当社が開発したファスナーの「GreenRise™」が、「2019年度 グッドデザイン・ベスト100」(※1)(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをお知らせいたします。

 「GreenRise™」は、ファスナーの主材料であるポリエステルを従来の化石燃料由来から、一部植物由来へと置き換えたことによって、化石燃料使用量の削減、及び製品サイクル上のCO2排出量の減少を実現します。 使用している植物由来ポリエステルは砂糖生産過程で発生する副産物(サトウキビ廃糖蜜)由来であり、資源の有効利用へと繋げています。

 今回の受賞では、今できることから発信していくYKKの環境商品開発への企業姿勢や、副資材業界への影響力という点が高く評価されました。

 YKKは持続可能な社会への貢献を軸に、環境にやさしい商品を今後も提供していきます。

「GreenRise™」 (84KB)

※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます

(※1)「グッドデザイン・ベスト100」は、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。

※2019年 グッドデザイン・ベスト100: https://www.g-mark.org/award/

※2019.10.31-11.4に開催される「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」(https://www.g-mark.org/gde2019/)に「GreenRise™」が展示されます。

以上

ページの先頭へ