YKK株式会社

ニュースリリース

2019年7月8日 JUKI株式会社とYKK株式会社による共同開発
テープのない新ファスナー「AiryString™」と専用ミシンの開発

 JUKI株式会社(本社:東京都多摩市、社長:清原晃、以下「JUKI」)とYKK株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大谷裕明、以下「YKK」)は、2017年1月より両社の有する技術・知識を活用したミシンやファスニング製品の共同開発を進めています。
 この度、第2弾として、テープのない新しいファスナー「AiryString™」(エアリーストリング)と、それを縫製するためのミシンを共同開発しましたのでお知らせします。

「AiryString™」を縫製するための専用ミシン (344KB)

※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます。

(1)「AiryString™」の特長

 ファスナーテープを無くしたことで、衣服をより軽く、柔らかい風合いに仕上げることができ、ファスナーの開け閉め動作の操作性も向上できます。また、ファスナーと布地との一体感が生まれ、すっきりとした印象のデザインになり、配色によってはファスナーや縫い糸を際立たせることもできます。縫製の際はエレメントを布地に直接縫い付けるため、従来必要だったステッチ工程が省け、縫製工程の簡略化を図ることも可能です。

(2)専用ミシンの特長

 専用ミシンは、布地にエレメントを沿わせ、ジグザグ縫いで縫製します。電子千鳥縫いミシンをベースに、エレメントを布地と同期させて確実に送る新機構のほか、各種部品にも専用の改良を加えました。さらに、縫いを制御するパネルで、生地の種類に応じた適切な送り量や縫いピッチを設定でき、縫製オペレータをサポートします。
 尚、専用ミシンについては、JUKIが製造し、YKKが「AiryString™」縫製を行う会社にレンタルします。

 JUKIとYKKは、今後も協業を進めることでシナジー効果を高め、縫製産業へ貢献します。

以上

ページの先頭へ