YKK株式会社

ニュースリリース

2019年5月24日 YKKセンターパーク「第7回 みどりの社会貢献賞」を北陸で初めて受賞

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、以下YKK)の黒部事業所(富山県黒部市)内にて整備を進めたYKKセンターパークが、北陸で初めて「第7回みどりの社会貢献賞」を受賞、5月23日長野県松本市で開催された全国都市緑化祭の式典で表彰されました。

 本表彰制度は、公益財団法人都市緑化機構が全国都市緑化フェアにおける普及啓発催事の一環として企業の取り組んでいる緑地および生物多様性保全に関する各種活動を地域社会・環境改善への貢献・先導性・広域性の観点から総合的に審査し、全国の範となる顕著な功績を認めた企業を表彰するものです。

 YKKでは創業者 吉田忠雄の生誕100年となる2008年より、黒部事業所内にて創業者が理想とした森の中の工場の実現に向け「ふるさとの森」づくりに着手しました。かつて黒部川扇状地に点在していた森の再生をめざし、黒部に原生している樹木の種子を採取し育てた、苗木20種類2万本を植樹。あわせて周辺に水辺を整備したことにより、地域との生態系ネットワークが形成でき、今では絶滅危惧種16種を含む約300種の生物が確認されています。今回、「ふるさとの森」を含む敷地の一部をYKKセンターパークとして、産業観光展示施設とともに一般に公開している点や、「ふるさとの森」を活用した環境教育に注力している点が高く評価され、表彰となりました。

 YKKは今後も地域に根差し、社会と共に、さまざまな環境活動に取り組んでまいります。

表彰式(2,233KB)

※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます

PDF  別紙:YKKセンターパーク 概要 (109KB)

以上

ページの先頭へ