YKK株式会社

ニュースリリース

2018年9月25日 YKKのファスナー「QuickFree®」が「第12回 キッズデザイン賞」で最優秀賞の「内閣総理大臣賞」を受賞

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷 裕明、以下YKK)は、当社が開発したファスナー「QuickFree®」において、「第12回 キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)の最優秀賞である「内閣総理大臣賞」を受賞し、本日9月25日に表彰式が執り行われました。
 「QuickFree®」は、操作性を向上させることにより、小さな子どもがひとりで衣服を着脱できるという達成感につなげ自立を促進すると共に、解放機能を備え安全・安心を追求したファスナーで、先月8月24日に「第12回 キッズデザイン賞」を受賞しました。
 YKK株式会社は今後も新しいファスニング商品の提供を行ってまいります。

【特定非営利活動法人キッズデザイン協議会による受賞理由】
 子ども服のフードが、すべり台等の遊具やドアノブに引っ掛かることによる、首絞まり事故は状況によっては重篤化する可能性がある。子ども用衣料(ひもの安全基準)のJISが制定されるなど、官民あげての対策が進められているが、本製品はファスナーの改良という従来にないアプローチで、安全性向上に貢献するものである。荷重が加わっても外れない工夫に取り組んできたファスナーが、「外れた方がよい場合もある」ことに気づいたことでデザインと機能に新たな方向を示した好例である。多くの衣類や装具に採用されることでファスナーの概念を覆す可能性を持つ、最優秀賞にふさわしい取組である。

表彰式の様子 (129KB)
写真(右) 経済産業大臣政務官 平木 大作 様
写真(左) YKK株式会社 代表取締役社長 大谷 裕明

※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます

以上

ページの先頭へ