YKK株式会社

ニュースリリース

2018年1月24日 YKK80ビル 第7回サステナブル建築賞 国土交通大臣賞を受賞

 YKK不動産株式会社(本社:東京都千代田区神田和泉町1)は、YKKとYKK APの本社ビルであるYKK80ビルにおいて、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構が主催する第7回サステナブル建築賞の最高賞である国土交通大臣賞(大規模建築部門)を受賞し、1月23日に表彰式が行われました。

 サステナブル建築賞は、建築物として優れた作品であるとともに、建築主、設計者及び施工者の三者の協力により、新築・増改築等において、環境負荷低減、省CO2、省エネルギーに顕著な成果を上げ、その普及効果が期待される先導的なサステナブル建築物を顕彰することによって、それらに関する設計、施工及び運用管理技術等の向上と普及を図り、サステナブル社会の構築に寄与することを目的に2005年に創設※され、以後隔年で募集・表彰を行っています。

 YKK80ビルは、これまでも様々な認証取得や受賞で示してきた高い環境性能と共に、シンプルで普及性のある手法を用い、建築・構造・設備とオフィスプランニングが緻密に連携し合って工夫され構成されている点や、ビルオーナー側であるYKKグループが建築やオフィス構築に意欲的に取り組み、積極的に新技術を導入した姿勢などを高くご評価いただき受賞に至りました。

 当社では、今後も環境に配慮した経営・事業活動に取り組んでまいります。

(※) サステナブル建築賞としては2005年に始まりましたが、1985年に創設された建築省エネルギー賞(その後、1993年に省エネルギー建築賞、1997年に環境・省エネルギー建築賞と改称)が母体となっています。

PDF  別紙:YKK80ビルについて (265KB)

以上

ページの先頭へ