YKK株式会社

ニュースリリース

2015年6月3日 パッシブタウン黒部モデル第2期街区建設計画概要

  YKK不動産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉田忠裕)は、本日パッシブタウン黒部モデル建設予定地(富山県黒部市)において第2期街区の地鎮祭を挙行し、建設計画概要を発表いたしました。

  本事業は、黒部の自然エネルギーを活用し、電力や化石燃料などのエネルギー消費を抑えた「まちづくり・住まいづくり」を提案するプロジェクトです。

  今回は全8街区のうち第2街区目をモダニズム建築を代表する建築家 槇文彦氏の設計で建設いたします。

<計画方針>
「パッシブデザインの建築とランドスケープによる省エネルギーのハウジング計画」

<設計コンセプト>

1.自然の中の住まい ・・・・ 雑木林のランドスケープに溶け込む住棟群
2.新しい集合体(コミュニティ)の創造 ・・・・ 住棟群に囲まれたコモンスペース
3.自然を享受する住まいのデザイン ・・・・ 自然の光や風を活かしたライフスタイル
<主な建築計画のポイント>
  1. 1.自然のポテンシャルを積極的に活用する住まいのデザイン
  2. 2.断熱・気密・窓などの建築性能の強化
  3. 3.最小限の設備エネルギーで補う快適な住まい環境

  一般的な北陸地区の集合住宅に比べて、冷暖房エネルギー(冷暖房負荷80%減)と給湯エネルギー(給湯熱負荷30%減)の省エネ性能を実現し、快適性向上を目標としています。

第2期街区全景

第2期街区西側から望む

<工事概要>

名称 パッシブタウン黒部モデル第2期街区新築工事
所在地 富山県黒部市三日市4016番地
施主 YKK不動産株式会社
設計 株式会社槇総合計画事務所(建築)
株式会社プレイスメディア(ランドスケープ)
施工 戸田建設株式会社
総事業費 25億円
工期 2015年7月~2016年10月(予定)

<建築概要>

建築用途 複合型賃貸集合住宅
構造 鉄筋コンクリート造
敷地面積 5,521㎡
延床面積 6,931㎡(住居:4,240㎡、商業:382㎡、地下駐車場:2,309㎡)
階数 住居棟(地上4階、地下1階)
ストリートモール棟(商業+住居)(地上4階、地下1階)
総住戸数 44戸(1LDK:12戸、2LDK:16戸、3LDK:16戸)
地下駐車場 44台

<入居関連>

入居者募集開始 2016年4月(予定)
入居開始 2016年11月(予定)

PDF  別紙1:パッシブタウン黒部モデル第2期街区 設計者プロフィール (182KB)
PDF  別紙2:パッシブタウン黒部モデル第2期街区 完成イメージ (288KB)
PDF  別紙3:パッシブタウン黒部モデル 開発フレーム (72KB)

別紙2の画像データはこちらよりダウンロードいただけます。

  第2期街区全景 (8,721KB)

  雑木林に囲まれたコモンスペース (9,453KB)

  ストリートモール (4,714KB)

  リビングルーム (5,392KB)

  サンルーム (5,009KB)


以上

ページの先頭へ