YKK株式会社

ニュースリリース

2015年1月29日 YKK新単身寮整備計画概要

  YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿丸雅之)は、『YKK新単身寮整備計画』の概要を発表しました。
  『YKK新単身寮整備計画』は、建築家・東京大学大学院教授の大野秀敏氏の設計で、並行在来線「あいの風とやま鉄道黒部駅(現JR黒部駅)」前周辺のまちづくりの一環として、老朽化した社有単身寮の代替施設である独身社員や単身赴任社員の住居を新たに移転整備するものです。
  これまでのような、大規模に社員を集め、地域から閉鎖的となりやすい寄宿舎方式ではなく、地域に根ざし自立した暮らしを目指した4戸1棟の低層戸建てタウンハウス様式の単身寮を駅前周辺に分散させる計画です。青年層の社員が黒部駅前周辺に定住することによる地域の活性化や賑わいづくりへの効果を期待しています。


≪YKK新単身寮整備計画コンセプト≫

●街に溶け込み、街と一緒に変化してゆく「戸建て単身寮」

賑わいあるまちづくり ・・・・ 「駅前にも賑わいを」
人も建物も地域と共生 ・・・・ 「寮生も建物も地域の一員」
地域と施設供用の試み ・・・・ 「寮の共用施設は地域の供用施設」

≪計画概要≫

  新単身寮 センターパビリオン
サイト数 5ヶ所 1ヶ所
建築形式 戸建て集合住宅
(4戸1棟)
店舗併設型
複合施設
建築棟数 25棟 1棟
敷地面積 9,750㎡ 630㎡
延床面積 3,000㎡ 450㎡
利用人員 100名 約80名(ホール利用人員)
着工(予定) 2015年6月 2015年6月
竣工(予定) 2017年3月 2016年3月
完成(予定) 2016年4月より順次 2016年4月

PDF  資料1:設計者プロフィール (209KB)
PDF  資料2:イメージ図・配置図 (458KB)

資料2の画像データはこちらよりダウンロードいただけます。

  1.YKK新単身寮整備計画イメージ図 黒部駅前から見たイメージ (2,580KB)

  2.YKK新単身寮整備計画イメージ図 外部共用空間 (3,680KB)

  3.YKK新単身寮整備計画配置図 (2,500KB)


以上

ページの先頭へ