ニュースリリース

2011年11月10日 
YKK株式会社 2011年度第2四半期連結決算のポイント

 YKKグループの2011年度第2四半期連結累計業績は、ファスニング事業では、欧州地域での高級分野は堅調に推移したものの、2011年度秋冬物オーダーの前倒し傾向による早期終息の影響によりアジア 地域を中心に販売不振となったことや、原材料価格の高騰等の影響を受けたこと、建材事業では、東日本大震災からの復旧が進み、販売ボリュームの増加や海外建材事業の好調な推移によりようやく回復基調に転じた段階であることなどから、第2四半期連結累計期間における売上高は2,746億円(前年同期比2.1%減)、営業利益は199億円(前年同期比20.5%減)、経常利益は191 億円(前年同期比20.1%減)、 当四半期純利益は117億円(前年同期比28.0%減)となりました。

 2011年度(2012年3月期)の年間連結業績は、売上高は5,570億円、営業利益は300億円、経常利益は290億円、当期純利益は180億円となる見込です。

2011年度第2四半期報告書はこちらをご覧ください。
2011年度第2四半期決算説明資料はこちらをご覧ください。

以上

ページの先頭へ