ニュースリリース

2011年8月10日 
YKK株式会社 2011年度第1四半期連結決算のポイント

 YKKグループの2011年度第1四半期連結累計業績は、ファスニング事業では欧州地域での高付加価値品やアジア地域でのスポーツアパレルが好調に推移したものの、縫製会社による前倒し発注の動きがあったため秋冬物のピークシーズンが例年より早く終了したこと、建材事業では日本国内の新設住宅着工戸数が、194千戸(前年同期比101%)と回復の兆しが見える中、東日本大震災の影響があったことなどにより、第1四半期連結累計期間における売上高は1,409億円(前年同期比3.0%減)、営業利益は125億円(前年同期比20.2%減)、経常利益は127億円(前年同期比14.6%減)、当四半期純利益は78億円(前年同期比26.0%減)となりました。

 2011年度(2012年3月期)の年間連結業績は、売上高は5,760億円、営業利益は340億円、経常利益は320億円、当期純利益は220億円となる見込です。

2011年度第1四半期報告書はこちらをご覧ください。

2011年度第1四半期決算説明資料はこちらをご覧ください。

以上

ページの先頭へ