YKKファスニングアワードがはじめて開催されたのは、2001年。
以来、自由な発想、斬新な発想から生み出された数々の作品が発表されてきました。
各年度の受賞作品をご紹介します。

17th(2017)

応募総数5,216点。アパレル部門で初めてメンズ向け作品がグランプリを獲得。2年ぶりのファッショングッズ部門グランプリは、「遊ぶ」がテーマのバッグが受賞。両作品共にインパクトだけでなく、対象アイテムへの理解度や完成度も高く評価されました。

16th(2016)

アパレル部門のグランプリ「for when…」は、テーマ・縫製に作り手の気持ちが強く表現されており、全審査員納得の結果でした。ファッショングッズ部門は、グランプリ該当作品なしという結果に。

15th(2015)

アパレル部門のグランプリは、世界を旅する「Globe trotter」のアクティブな美しさをスポーツテイストで表現した作品。「カラーリング」、「フォルム」、「マテリアル」とファッションデザインを構成する3つの要素が丁寧に考えられています。

14th(2014)

「スモッキング」という非常に手のかかる手法を用いて作られたアパレル部門のグランプリ。インダストリーであるファスニング商品と組み合わせることで、手作業とインダストリーのバランスのよさが体現されている素晴らしい作品です!

13th(2013)

アパレル部門でグランプリに輝いたのはグログランテープで"枯山水"を表現したドレス。枯山水の石をグレーで表現し、流れる水のような綺麗な曲線美で作品全体をまとめています。

12th(2012)

完成度の高い作品の中から、ファッショングッズ部門でグランプリに輝いたのはアフリカ伝統紋様を利用した、鮮やかな色使いのリュック。細部にまでこだわった作品に圧倒されます!

11th(2011)

両部門とも、細部まで計算され、こだわりを持って作りこまれた作品が各賞を受賞しました。対象アイテムの特性を理解し、活用した作品も多く見受けられました。

10th(2010)

リアリティのある服、プロっぽさを感じさせる靴、エレガントなものやシンプルなものなど、実にバラエティに富んだ作品の数々。そのどれもが素晴らしい完成度を持っています。

9th(2009)

機能性とデザイン性がバランスよくマッチした作品が多く、どの作品もレベルがとても高い!グランプリ作品は両部門とも素晴らしい完成度で、商品化できそうな程でした。

8th(2008)

完成度の高い作品の中から、アパレル部門のグランプリに輝いたのは、アルミボールチェーンをレースに編みこんだ繊細でエレガントな作品でした。

7th(2007)

両部門ともにハイレベルな作品が多く、大変な盛り上がりを見せました。中でもアパレル部門の作品のクオリティの高さは必見です!

6th(2006)

第6回より、アパレルとファッショングッズの2部門に分けられました。6,005点もの応募の中から選ばれた各グランプリは、いずれも洗練されたクオリティの高い作品でした。

5th(2005)

グランプリは人間のある部分の形をしたリュック。他にも、デザイン性と機能性を兼ね備え、完成度も高い作品が優秀作品に選ばれました。

4th(2004)

4,608点の応募作品の頂点に輝いたのは、なんと帽子。当然ただの帽子ではなく…、必見です。その他にも餃子、妊婦など、インパクト大!

3rd(2003)

グランプリは「リュックドレス」。タイトルの通り、リュックがドレスに変身する斬新なデザインです。

2nd(2002)

2つの服がくっついたり離れたり、コンセプトから面白そうな作品がグランプリを獲得。審査員の先生方に「自分がほしい」「売れる」と評価された作品も。

1st(2001)

記念すべきYKKファスニングアワード第1回のグランプリは、作品名「変動」。翌年からの応募作品の質の高さや盛り上がりを予感させる優秀作でした。

歴代グランプリ記念ブックレット

YKKファスニングアワード15周年を迎えた2015年に、歴代のグランプリ作品を収めたブックレットを作成。

PDF歴代グランプリ記念ブックレット