[事業と戦略] 世界6極経営体制について

ビジネスは、子午線を超えて駆け巡る。世界6極経営体制によるグローバル事業展開。


YKKグループは、世界6極による地域経営を基本とし、現在71カ国/地域で事業活動を行っています。
その経営体制は、世界の事業エリアを、北中米、南米、EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカをカバーするエリア)、中国、アジア(アセアン・南アジア・オセアニアなどをカバーするエリア)、そして日本の6つのブロックに分け、地域ごとの特色を生かしながら、各社が主体となってグローバル事業経営を展開します。