YKK株式会社

受賞歴各賞

自社開発ファスナー製造機「ファスナーチェーンマシン:YKK-CM6」が機械遺産に認定されました。

日本機械学会が2007年から毎年選定している、日本の技術や産業の発展に貢献した歴史的な意義を持つ「機械遺産」として、当社の自社開発ファスナー製造機「ファスナーチェーンマシン:YKK-CM6」が認定されました。

YKK-CM6は、ファスナーのかみ合わせ部品(務歯)の打ち抜き、および間欠的に植えつける機構を備えた自社開発機で、1964年から製造を開始。当時の世界最高水準の性能を有しており、高品質で低価格なファスナーの生産を実現しました。

YKK-CM6は、原材料のみならず、その製造機械も自社で開発する当社のモノづくりへのこだわりの象徴です。

今後ともより一層創意工夫を重ね、高品質のファスナーを低価格でご提供できるよう努力して参ります。

「機械遺産」について詳しくはこちらをご覧ください。

上:ファスナーチェーンマシン(YKK-CM6)
下:CM6型で作られたファスナー

ページの先頭へ