YKK株式会社

トップメッセージ

YKKグループの目指すこと

YKK株式会社 代表取締役会長CEO 吉田忠裕 / YKK株式会社 代表取締役社長 猿丸雅之
技術の進化と革新に挑み、明日を開く ~創造的なものづくり企業として社会に貢献
 ものづくりへの挑戦を絶え間なく続けること―。
 YKKグループは、企業精神である『善の巡環』と、経営理念である『更なるCORPORATE VALUEを求めて』のもと、チャレンジし続けてきました。現在の事業の礎も、創業以来、何度も何度も挑戦を重ねることにより形づくられました。中核事業であるファスニング事業とAP事業を世界71ヵ国/地域で展開する今も、こうした姿勢は変わることはありません。
 今や事業環境は、地球規模で激しく変化する時代を迎えています。しかし、だからこそ変化をチャンスととらえてより果敢に挑戦すべきだと考えています。
 現在、ファスニング事業ではコスト競争に加え更なるスピード対応が、AP事業では住空間から超高層ビルにいたる建築分野で新たな価値が求められています。私たちは技術の進化と革新を進めることで多様なニーズに応え、ものづくりを通じて新しい価値の創造に挑み続けます。
 また、すべての事業において、環境負荷を徹底的に低減させ、あらゆる生物や自然にやさしい企業活動を推進していきます。持続可能な社会の発展に寄与することは私たちの理念でもあり、これを高いレベルで実現することは未来への責務だと考えています。
YKK株式会社
代表取締役会長CEO
吉田 忠裕
挑戦を通じて成長するYKK ~求められる3つの力 商品力と提案力、それを支える技術力
 私たちは常に新しいものにチャレンジし、その挑戦を通じて成長していきたいと考えています。なかでも、今までになかった新しい技術への挑戦は、かつてない勢いで激しく変化する市場環境を勝ち抜くために、最も重要です。
 新たな分野を自ら切り開いていくには、これまで培ってきた技術力を強化するだけでなく、斬新なアイデアを次々に積み重ねていく必要があります。こうした活動によってYKKの技術力をより高めることが、競争に勝ち抜く原動力になると考えます。
 そして、確かな技術力を基盤とすることで、商品力と提案力も高まります。今後は更にマーケットを地球規模でとらえ、新しいビジネスモデルを構築する必要性も出てきます。様々に変化し、多様化するお客様のニーズに的確に応えられる商品を提供してまいります。
 このような多様な取り組みを成し遂げるために、共通の価値観であるコアバリューのもと、『Execution(実行)』と『Speed(迅速)』をつねに意識して、邁進してまいります。
※コアバリュー:「失敗しても成功せよ/信じて任せる」「品質にこだわり続ける」「一点の曇りなき信用」
YKK株式会社
代表取締役社長
猿丸 雅之
ページの先頭へ