YKK株式会社

沿革

1934年 1月
  (昭和9年)
創業者吉田忠雄が、東京都日本橋にサンエス商会を設立し、ファスナーの加工・販売を始める。
1938年 2月 吉田工業所と改称。
1942年 2月 有限会社吉田工業所に改組。
1945年 3月 東京大空襲による小松川工場全焼に伴い一旦解散。
1945年 8月 株式会社魚津鉄工所を買収し、社名変更を行って吉田工業株式会社を設立。
1946年 1月 商標を「YKK®」とする。
1951年 3月 本社を東京都中央区日本橋馬喰町に移す。
1955年 5月 富山県黒部市に黒部工場が稼働。
1958年 8月 本社を東京都台東区浅草雷門に移す。
1959年11月 ニュージーランドに第一号海外現地法人(ファスナー製造販売)を設立。
1961年11月 アルミ建材の生産・販売開始。
1963年 6月 本社を東京都千代田区神田和泉町(現在地)に移す。
1972年 4月 香川県綾歌郡宇多津町に四国工場が稼働。
1974年 6月 宮城県志田郡三本木町に東北工場が稼働。
1975年 2月 熊本県八代市に九州工場が稼働。
1984年 5月 創業50周年記念式典挙行。
1984年12月 シンガポールで不動産事業開始。
1985年 1月 ブラジルで農牧業開始。
1986年 9月 インドネシアにアルミ建材初の海外一貫生産工場稼働。
1994年 8月 吉田工業株式会社からYKK株式会社に社名変更。
1994年 9月 YKKグループ環境宣言(グループ環境憲章)を制定。
1996年 1月 「中国政策委員会」発足。
1998年 9月 東京・新宿に「グローバルビジネスセンター」を開設。
2000年 7月 スナップ・ボタン事業の中核会社「YKKニューマックス株式会社」発足。
2002年12月 中国・蘇州に初の工機事業会社「蘇州YKK工機会社」を設立。
2003年 2月 ファスニング事業の販売会社「YKKファスニングプロダクツ販売株式会社」を設立。
2003年 4月 YKKグループの間接業務受託会社「YKKビジネスサポート株式会社」を設立。
2003年10月 YKK株式会社建材製造事業本部がYKK AP株式会社に統合し、YKKグループ建材事業の完全一体化がスタート。
2005年 1月 「YKKニューマックス」を「YKKスナップファスナー」に社名変更。
2005年 6月 商標「YKK」が日本企業で初の「中国馳名(ちめい)商標」に認定。
2006年 7月 YKKグループが産業観光としての工場見学「YKK TOURS」を開始。
2008年 9月 一般開放施設「YKKセンターパーク」オープン。
2009年 4月 専門役員制度を導入。
2010年 4月 YKK工機事業本部を工機技術本部に再編。
ページの先頭へ