YKK株式会社

ニュースリリース

2018年12月6日 YKKのファスナー「Excella® Fin(エクセラ® フィン)」が「ドイツ・デザイン賞2019」を受賞

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大谷裕明、以下YKK)は、YKKヨーロッパ社ファスニングR&Dセンター(イタリア)で開発したエクセラ®(注1)の新シリーズ「Excella® Fin」が、このたび「ドイツ・デザイン賞2019」Life Style and Fashion部門の「Winner」を受賞したことをお知らせいたします。
 「ドイツ ・デザイン賞」とは、ドイツ・デザイン協議会によって運営される賞で、「iFデザイン賞」(注2)や「レッド・ドットデザイン賞」(注3)など、国際的デザイン賞を受賞した商品を対象に、ドイツ国内で最も優れたデザインを選定するものです。「Excella® Fin」は「レッド・ドットデザイン賞2018」を受賞しており、今回の「ドイツ ・デザイン賞2019」受賞に至りました。
 「Excella® Fin」はエレガントかつダイナミックな外観と、機能的なヒレを兼ね備えた、Excella®シリーズの新商品です。主に欧米のラグジュアリー分野の紳士・婦人服、シューズ、ハンドバッグ、スーツケースに採用されています。
 YKK 株式会社は今後も新しいファスニング商品の提供を行ってまいります。

【ドイツ・デザイン協議会による評価】
エレメントにヒレを付けた構造によって製品の寿命を延ばすという、機能性がデザインに調和した、革新的なアプローチであると審査員に評価されました。

(注1)エクセラ®:ファスナーのエレメントを磨き、洗練された輝きと滑らかさをもった高級ファスナー

(注2)「iFデザイン賞」:デザイン界において世界的に権威のあるデザイン賞の一つ
ドイツ・ハノーファーを拠点とし、毎年全世界の工業製品などを対象に優れたデザインを選定する

(注3)「レッドドット・デザイン賞」:ドイツ・エッセンのノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンターが主催する国際的なプロダクトデザイン賞

「Excella® Fin」(1,474KB)
※画像データはテキストリンクよりダウンロードいただけます

【商品特徴】 YKKの高度なプレス技術により実現したヒレ付き形状は、スライダーの摩擦によるテープ切れを防ぎ、鞄や靴のガーメントをロングライフに彩ります。他のExcella®シリーズと同様、エレメント一つ一つの全面に入念な磨きをかけてテープに植え付けることにより、ラグジュアリーな外観を実現しました。各種めっき・テープカラーなどのバリエーションも多様です。
【製品仕様】 止製品、開製品、逆開製品、チェーン
【色展開】 テープ:YKKグローバルカラーカード/スタンダード
エレメント:シルバー、ライトゴールド、アンティークブラス、ブラックなど既存のExcella®全色
【アプリケーション】 紳士・婦人服、ジャケット、シューズ、ハンドバッグ、スーツケース

以上

ページの先頭へ