YKK株式会社

ニュースリリース

2014年12月16日 YKK初の玩具『布絵本』富山県黒部市へ500冊寄贈

 YKK株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿丸雅之)は本日、富山県黒部市役所黒部庁舎にて布絵本贈呈式を執り行い、布絵本500冊を黒部市へ寄贈しました。贈呈式では、黒部市を代表し堀内康男黒部市長と市内保育園児童5名へ、当社副社長黒部事業所長の佐々裕成より布絵本を贈呈いたしました。

 当社は、富山県出身の創業社長吉田忠雄が、黒部市牧野の銅合金・伸銅工場で1955年に製造を開始して以来59年にわたり、黒部をYKKグループの技術・開発の拠点として活動してまいりました。長年お世話になっている黒部の皆様へ感謝の気持ちを込めて、市内の保育施設等で布絵本がご活用され、子供たちの発育の一助となることを願っています。

 布絵本は、ファスナーやスナップ・ボタンなどが布に縫い付けられており、幼児が着替えをするうえで必要な動作や、歯みがきやあいさつなどの生活習慣・コミュニケーション能力を、楽しく遊びながら身につけられます。触り心地が柔らかなだけでなく、安全性にも配慮し、ST基準適合検査に合格したSTマーク付き玩具です。第8回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)も受賞いたしました。

 当社は、今後も地域に根ざした活動を続けてまいります。

以上

布絵本詳細はこちらをご参照ください[ 2P / 508KB ]

ページの先頭へ